メニュー 閉じる

動物保護

当法人てんには保護犬、保護猫合わせて7匹居ます。一番多い時は40匹近くいました。私事になるかもしれませんが・・・

昨日、ほたる(柴犬、栃木の山中にブリーダーが遺棄)のリンパ腫の抗癌剤注射に行きました。

「ハナ先生、私は今まで40匹ほどの犬猫を保護し見送りました。みんな私に抱かれて安らかに天へ召されました。でももう保護はしません。明希(福岡で明らかに遺棄されたであろう秋田犬)は鼻と口から血を吐きながら苦しみ息を引き取りました。辛かったと思います。」

そう言うと「誰かがやらなくちゃいけないことだよ、そして側に居て抱きしめてあげてたんだったら辛くないよ!辛くない!一人で苦しく逝くことの方が辛いよ」そう、おっしゃいました。

私の就労支援事業は誰かがやらなくちゃいけないことと思いやっているのに・・
そんなことも解ってなかった自分は今まで犬や猫の思い、障害者の方に対する考え、何も解ってなかった。何を見てきたのだろう、何をして来たのだろう、、、。
そう思いました。

動物保護も仕事も仕切り直しです。